ファスティングダイエットの準備期間



ファスティングダイエットは断食ダイエットだけど、飲み物は飲んでもOKなダイエット方法。 いきなり断食に入るのではなくて、急に栄養がとれなくなったと体が驚かないように 準備期間という期間があります。

いきなり食べ物をたつと体がびっくりして、頭がいたくなったり、食べないなら食べなさいって 体の要求度が増して、逆に過食に導いちゃうこともあるみたい。 今まで入っていた物が入ってこないって、そりゃ体もびっくりしますよね。。。

準備期間は、2日から5日ぐらいあるといいみたいで、 スムーズに断食に入れるように、徐々に食事の量を減らしていきます。

準備期間に食事の量を減らしたからといっても、油や糖分の多い食事だと 断食時に入った時に、準備期間にとった油ものや糖分が先にエネルギーとして使われて、 元々体に残っている脂肪などのエネルギー消費につながらない場合も。

消化のいい和食中心の食べ物「まごわやさしい(豆、ゴマ、わかめ、野菜、魚、しいたけ、芋)」を中心とした食べ物が理想的。 お粥もOKですよ。

準備期間は例えるなら体の就寝前の時間。 休息前に少量といっても、くどいものは避けたほうがいいですね。 お酒は肝臓に負担がかかるからもちろんNGですよ。

夕食はなるべく寝る4時間前に食べるよにして、断食日に備えましょう!

ファスティングダイエットの復食期間

断食後は、やれやれ断食が終わったー!さあ食べるぞ!ではいけません。。。

せっかっく断食で消化器系がお休みをとって、調子を整えた後に いきなりいろんな物を食べて働かせては、断食をした意味がありません。

断食後は体の目覚めタイムです。 ゆっくり優しく起こしていくのがコツ。

断食後の期間を復食期間といって、2日から5日ぐらい復食期間として 消化のいい優しい食べ物をとったほうがいいです。

復食期間の初日はまずはお粥や重湯から始めるといいですね。 いきなり食べ始めるとリバンドにつながる場合があるから、 復食期間をしっかり守って、頑張った断食期間を無駄にしないようにしましょうねー。 もちろんお酒はNGですよ。

復食期間も準備期間と同じで、「まごわやさしい」を使った料理とお粥で ゆっくり普段の生活に戻していくのが、ファスティングダイエットの成功の秘訣☆

ファスティングダイエットで断食期間も辛い。。。けど、復食期間も辛い。。。 って言う人も多いようで、せっかく断食を頑張っても直ぐに体重が元に戻ってしまった(>_<) なんて人もいるみたい。

「まごわやさしい」材料と醤油や味噌、梅干、豆腐、昆布などを利用して 味のバリエーションを増やして最後の砦、復食期間を乗り越えましょう!!

ファスティングダイエット中は、体重をちゃんと測ってグラフにすると、 体重の変化がわかりやすいし、頑張れるからおすすめします☆

ページのトップへ▲

サイトメニュー
ファスティングダイエットの準備期間・復食期間
ファスティングダイエットはいつ始める?
ファスティングダイエットを成功させる秘訣は?
ファスティングダイエット時に飲む飲み物は?
ファスティングダイエットで何キロ痩せれる?
ファスティングの好転反応って何?
ホテルで優雅にファスティングダイエット
ダイエット食品で置き換えダイエット
運営者情報